1. 2-01

    2016/8/1

    賭け方

    300年以上という長い歴史があるゲーム

  2. 2-04

    2016/7/25

    基礎知識

    インターネットが最初に登場した1993年の約2年後

  3. 2-07

    2016/7/19

    必勝法

    連敗時の損失を最小限に留めることを目的

  4. 2-09

    2016/7/15

    必勝法

    勝ったら賭ける金額を2倍にしていく戦法

  5. 2-02

    2016/7/30

    賭け方

    最も21に近い方が勝ち

HOME

必見のオンラインカジノ勝ちたい人のためのお役立ち情報をお届けします。
当サイト「怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノ」でまずはオンラインカジノの基礎知識を学びましょう。

賭博罪は共犯者がいなければ成立をしないのです。日本の国内からのオンラインカジノへの参加の扱いがどんなふうにか?と問題はいう事ですけど、統一した見解も現在のところなく、白とも黒ともいえない、いわゆるグレーゾーンの状態のようです。

だが、ライセンス(免許)を各国政府から発行されたオンラインカジノの場合、共犯者?(ではないですが)は合法デス。参加はゼッタイしないで下さい。

カジノ側(開帳者)か一緒に賭けを行なう共犯者が賭博罪が成立をするには、必要なのです。立て続けに京都、熊本、愛知県のオンラインゲームカフェが最近摘発され、利用者も経営者や社員と並んで逮捕をされています。

オンラインカジノしたがってそれ自体に違法性は更々御座いません。コレはつまり共犯者が存在をするわけデス。

すべて、当サイトで紹介しているオンラインカジノを運営してる会社は各国政府からカリブ海諸国やカナダ、フィリピン等のライセンスが発行をされ運営をされてます。賭博罪は日本の法律では、単独では成立をしないことになっています。

単独ではないとして共犯者が合法なのにプレイヤーの側のみを違法にしたには、疑問があるといわざるをえません。法律の想定外だったといえ、オンラインカジノは違法とは断言出来ないというのが現在の状況のようデス。

違法とは絶対にいえない海外のオンラインカジノで遊ぶのとは今回の摘発ケースと自分自身が他者を介さないので全く別のケースであると考えられます。カジノカフェ内(日本国内)で金銭の授受もあったみたいで、賭博罪が成立をするのも当然だとおもわれます。

したがって、日本国内で運営されているカジノにもし参加をした際は明らかに違法行為になります。オンラインカジノを自宅でプレイをしていて、現在までに摘発をされた例はありません。

正確な表現は摘発のやりぶりがないということかも知れませんが…裁判のこれからの行方が気になるところですけど、オンラインカジノを1つの道具として、今度のケースでは胴元であるカジノカフェ側とユーザーとの間で賭けが成立をしたとみなされてるようデス。


オンラインカジノ
http://www.paradisewalk.net/onlinecasino/blog/



最近の記事

ページ上部へ戻る