怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20170801

2-03

(o・∀・)ノ*:;;;:*コンチクワ*:;;;:*

俺は日々電車を乗り継いで通勤しています。

通勤ラッシュからは少しずれた時間帯なので、
比較的楽な通勤だとは思うのですが…

それでもぼくはメールをしたり、本を読んだり…と
なんとか楽しく過ごそうと工夫しています。

私はときどき、車両に乗ってるみんなの顔を見回して、
この人はむすっとしてるけど、笑ったらどんな感じなんだろう?
怖そうな人だけど、どんな話題に乗ってくるのかなぁ?
…などと一人で考えて、楽しんだりしています。

ただ、現実には、
目の前にいる人たち(わたくしも含めて)は
なるべくまわりの人とは
関わらないように自分の世界にこもっている感じ…

余計なことには巻き込まれないように、
まわりとの壁を高~くそびえ立たせているような
そんな感じがします。

この壁を崩すのは、かなり難しそう…

わたくしが気軽に話しかけたとしても
まったくたち打ちできそうにありません。

ぼくがかろうじてできるのは、
目の前に座ったお子様と
父母の目を盗んでこっそり遊ぶことくらい…
まだまだ度胸はありません。

でも、
たまたま席を譲ったおばあちゃんが喜んでくれたり、
小さな子供を介して周りの人が話したりというのに出会うと、
俺はすごくうれしくなるんですよね。

本当は、
あたくしだけじゃなくきっと多くの人がそんな電車に、
そしてそんな世の中になるといいなぁと
思ってるんじゃないでしょうか?

こんな電車いいなぁ、
こんな世の中になったらいいなぁって意識する人が
たくさん増えたら、車両中が笑いでいっぱい!
なんていうことになるのかもしれませんね。

みなさんもそう思いませんか?

とっぴんぱらりのぷう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20170301

2-07

皆様こんばんわっすー。

今日は、コーヒーを飲みながら、書いてます。

実はですねー、ビックリなことが起こったので、
今日はご報告。

あたくしの姉ごとなのですがー。

このたび結婚することになりまして、婚前旅行にトルコへ
あさってから行くそうです。

なぜトルコなのかはわかりませんが、ママさんも
かなりビックリしてたよ。

しかもしかも、これまた(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!なのがですねー。

姉が痩せたこと。

あと、5㌔痩せると意気込んでいるらしいですが・・・
なんと!エステはもちろんのこと、岩盤ヨガ。

バランスパワーにダイエットフルーツ茶。
寒天ゼリーだけじゃなく・・・
禁酒禁煙の旅にでかけたそうで(笑)

よるには完全に寝ているんじゃないの!?ってくらいの
変貌ぶり。

何が姉をそうさせたのかは・・・わかりません。

ただ、男運もなく、一生独身か、バツイチになりそうなイメージは
卒業・・・一応ね。

でも、これに困ったのは俺。

脱干物を期待されています。。。

曇りだろうが、天気人関係なく、休みの日にはなるべく
待ったり過ごそう。

もちろん、お出かけとあらば、外にも出かけるけど、なるべくなら
ゆっくり家にいたいかもーって感じで。

恋愛中もなったりできる人がいいから、家にいられる人じゃなきゃ
ムリ。

家の中でゲームばっかってのもつまらないけど、最近は家の中でも
体が動かせるゲームもあるから、楽しくできるなら良いかなー。

とはいえ、とんとん拍子とはいかないよね、人生は(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20161201

2-09

減量を成功させるには、
「有酸素トレーニングを取り入れるべき!」って、
聞いたことありますよね?

ウォーキングやジョギングなどが、
有酸素運動の代表格として紹介されていますが、
比較的、からだへの負荷は軽いので、
呼吸をしながら長時間にわたって運動できるというのが特徴です。

トレーニングしながら酸素を有効に取り入れることができることから、
「有酸素」という言葉が使われているわけです。

有酸素運動がダイエットに効果的と言われるのは、
長時間連続して運動を続けることができるからなんですね。

わたくしたちの体はまず、
糖分をエネルギーの燃料とします。

脂肪は使われることはありません。
体内の糖分があらかた使われて初めて、
脂肪分が本格的に燃焼するんだそうです。

通常、体操をし始めてから、
20分前後経過しないと、
本格的に脂肪分が燃焼されることはないと言われています。

例えば…
ダンベルトレーニングをするにしても、
20分連続して行うのは結構きついですよね?

ところが、ウォーキングなら、
風景を眺めながら歩いているだけで、
20分というのはあっという間に過ぎてしまいます。

このように有酸素トレーニングの場合、
体脂肪が燃焼し始めるポイントを比較的楽にクリアできるから、
減量に向いているんですね。

また、
有酸素運動は、内臓脂肪を効率よく燃焼させるといわれています。
内臓脂肪というのは、
いろいろな生活習慣病を引き起こす要因となっているものです。

ですから、有酸素トレーニングを毎日の生活の習慣にすれば、
健康とダイエット、2つの効果を実感することができるでしょう!

ブックメーカーのコツ
http://www.onlinesanctuary.com/bookmaker/blog/

ブックメーカーブログ
http://www.paradisewalk.net/bookmaker/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20161101

2-06

家内がPTAの副会長をしていた頃には、
わたくしは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでボクが会長になったとき、
奥さんが会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の午前中、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のミーなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

娘の頃、父母に内緒で危ない冒険をしたとき、
父母には筒抜けであった経験があります。

親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて父母のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域のお子さんにとっては知らないよその大人でも、
大人の方はお子様を知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今の子どもたちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
父母のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
父母たちが子供たちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。

ブックメーカーの案内
http://www.onlinesanctuary.com/bookmaker/

ブックメーカーならクリック
http://www.paradisewalk.net/bookmaker/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20161001

2-02

ダイエットに励んでいて、
今まで順調に体重が落ちていたのに、
急に変化がなくなると焦りますよね。

でも心配はいりません!
減量中には、
体重が落ちなくなる「停滞期」って、
誰にでもあることなんですよね。

停滞期が訪れる時期は人それぞれですが、
一般的にはシェイプアップ開始から、
2ヶ月~ふた月経過したくらいにみられるようです。

この原因は、
主に体の防衛反応によるものです。

ダイエット中は摂取カロリーを制限しますよね。
体質にしてみれば、今まで入ってきた
エネルギーや栄養素が入ってこないことになります。

エネルギー不足になったからだは一時的に飢餓状態になり、
次に食べ物が身体に入ったときに
余分に栄養をため込もうとするのです。

ですから、停滞期に入ったら
体質がいまの状態に慣れる過程だと考えて、
それまでどおりの食生活を続けましょう。

体重が落ちないからといって、
ご飯量をさらに制限するのはおすすめできません。
摂取カロリーが基礎代謝を下回ってしまうと、
逆に痩せにくい身体になってしまう恐れがあるので、
注意が必要です。

また運動の効果は、日々継続していくことにより
数ヵ月後から徐々に効果があらわれていくものです。

特に普段からトレーニングをしていない人は、
代謝機能が衰えているので、
体操をしてもシェイプアップ効果を実感できるまでには
多少時間がかかるかもしれません。

焦らずに、
自分のペースにあった体操を楽しみながら
実践してみましょう。

停滞期に惑わされることなく、
食生活のバランス、体操をチェックして、
無理のないシェイプアップを続けましょう!

ブックメーカー
http://www.onlinesanctuary.com/bookmaker/

ブックメーカーはここへ
http://www.paradisewalk.net/bookmaker/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る