怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20170423

2-10

おっはー

最近、減量をする時に、
炭水化物を天敵とする傾向が強くなっているような気がします。

炭水化物は消費されないと
体脂肪という形で貯蔵をされてしまうということが
知られるようになってから、
その傾向が強くなっていると思うんです。

確かに、過剰に炭水化物を摂取することは
ダイエットの見地からみると逆効果につながりかねません。
でも、あくまでも「過剰に」摂取した場合なんですよね。

おいらの周りにも、
「炭水化物抜きダイエット」をしている仲間がいますが…
おれは、炭水化物を全く抜く減量というのは
危険だと思います。

その理由は、脳との関係にあります。

脳というのは、エネルギーを貯蔵することができません。
ですから、常に栄養分を供給する必要があります。

脳というのは特殊な組織で、
ブドウ糖でないとエネルギー源として使うことはできないそうです。
ブドウ糖というのは、炭水化物を分解したときにできるものですから、
炭水化物をご飯から極端に減らすことは、
脳にとって危機につながりかねないのです。

実際、
食べる事から炭水化物を極端になくしてしまうと、
頭がボーっとすることがあるといわれています。

頭がうまく回転しないのは、
炭水化物の供給が減ったことで、
脳が栄養不足を起こしている可能性があるんですよね。

どうしても、体脂肪が気になるという人は、
13時間、活動する時間帯に炭水化物を摂取するようにしましょう。

炭水化物は、すぐエネルギー源として活用されます。
なので、活動的な昼間に食べても、
すぐに消費される可能性が高いです。

減量も大事ですけど、
体や脳の健康の方がもっと大事なんじゃないでしょうか?

さあご飯食べよ~っと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20170323

2-05

今は、インスタント塩ラーメンといえば
カップ麺と袋麺の2種類ありますが、
ミーがお子様の頃は、まだ袋麺しかありませんでした。

世の中で最初のインスタント味噌ラーメンと言えば、
昭和33年に発売された日清のチキン塩ラーメン。

チキン塩ラーメンは、
テレビの宣伝では知っていましたが、
発売されてすぐに食べたわけではありませんでした。

おれはテレビで見る度に
一度は食べてみたいなと思っていました。

そして、とうとう、
チキン味噌ラーメンを食べる日がやってきました。

たぶん日曜日だったと思いますが、
お母さんがお昼食に
チキン味噌ラーメンを作ってくれました。

あこがれのチキンラーメン…
興奮に胸を躍らせながら、食べました。

しかし、その興奮はすぐに冷めてしまいました。
残念ながら、チキンラーメンの味は
オレのクチには合わなかったのです。

やがて、 
スープと麺が別々に分かれている
インスタントとんこつラーメンも発売されるようになりました。
これは、とてもおいしいと思いました。

一ヶ月に一度くらいは、
日曜日の13時食に
インスタント塩ラーメンを食べるようになりました。

おれの家では、
インスタントとんこつラーメンを食べる時には、
母が巻ずしもつくりました。
ラーメンと巻きずしのセットメニューです。

巻きずしといっても中の具は、
良くてもほうれん草と玉子焼きぐらいで、
じゃことかつおぶしの時もよくありましたが…
オレはこのセットメニューが大好きでした。

あたしの家の食卓によく出てくるインスタントラーメンは、
テレビでよく宣伝している
いわゆるメーカー品ではありませんでした。

しかし、時々、
テレビで宣伝しているインスタントラーメンも食べましたが、
いつも食べているのとおいしさは同じだと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20170223

2-04

おっはー

今日は雲ひとつない晴天。

天気って、1日の生活が凄く変わる時ってありません?

お買い物に行く予定でも、雨なら全然予定が変わってしまう
こともあるし。

一昨日も休みだったんだけど、晴れたら家事をちょこちょこやって
13時くらいから散歩でも・・・とか思っていたのに、雨で。

結局家の中でゼニカル飲んでエアリーシェイプネオ。

リフレッシュにも良いとか言うから、散歩がてらウォーキングで
探検に行こうかと思ってたんだけどな。

いつも仕事に行くばかりで、意外にあたし・・・周りをじっくり
歩いたことないんだけど、みなさまはどうですか?

引っ越して半年、1年たっても、いつも歩く道は同じ。

行く店は一緒だとかだと、意外に世界が狭かったりしますよね。

母親が、いつの間にかお隣さんが引っ越して来て、
挨拶も何も全然なかったんだけど、こないだ初めて気づいたのが
シンガポールの国の人だったんだって(笑)

たまたま骨盤体操に行こうと思ったら、玄関で
はちあわせて、話したらしい。

13時くらいなんて、いつも留守にしているけど、
その時間帯に動く人みたいで、全然会うことがなかったーって
話してたよ。

たしかに・・・。

まー、日本語が話せる相手で良かったねーってカンジだけど、
あたしがもしそうだったら、かなり驚くかなー。

普段面識がないから、何を話して良いのやら。。。

さて、そろそろ3日、千葉に引っ越した友達が
遊びに来るから、お片付けでもちょっとしておこうかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20161123

2-07

黒豆には
減量にとって
うれしい成分がたくさん含まれています。

まず、イソフラボン。
黒豆の胚芽部分に多く含まれている成分で、
女性ホルモンと同じような働きをします。
更年期の症状を緩和したり、高血圧や肥満などの生活習慣病を
防止する効果があるといわれています。

次に、サポニン。
動脈硬化の原因となる過酸化脂質の増加を防ぐ役割があります。
高脂血症を予防し、肉体の脂肪の代謝を促すことで
肥満を防止する効果が期待できます。

そして、アントシアニン。
黒豆の黒さの色素(=ポリフェノールの一種)です。
脂肪の吸収を抑え、排出を促進させます。
また老化の原因である活性酸素を除去する働きで、
血液をサラサラにし、身体に脂肪をつきにくくする働きもあります。

さらに、
黒豆の食物繊維は胃に長く留まるため、
ウエストの満足感を持続させ、食欲を抑制してくれます。
便秘解消やデトックス効果も期待できます。

このように、黒豆には
シェイプアップに向いている成分が豊富に含まれています。

なので、
「黒豆ダイエット」を実践している人も
少なくありません。

黒豆シェイプアップは、
野菜と一緒に炒めたり、スープにして飲んだり…と
日々の食べる事に
1日70gの乾燥黒豆を取り入れるだけの
お手軽ダイエット法です。

他にも、
黒豆を酢漬けにしたり、黒豆茶として摂取したりと
さまざまな方法があります。

共通して言えることは
黒豆をただ摂取するだけではなく、
一緒に適度な体操をすることが大切なようです。

黒豆だけを食べていては
栄養が偏ってしまうので注意が必要ですが、
シェイプアップの手助けをしてくれる食べ物と言えますね。

一日に上手に黒豆を取り入れて、
シェイプアップを成功させましょう!

ブックメーカーブログcheck!
http://www.onlinesanctuary.com/bookmaker/

ブックメーカー、今すぐアクセス
http://www.paradisewalk.net/bookmaker/category/bookmaker/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒涛のギャンブルを楽しめるオンラインカジノブログ:20161023

2-01

父親は五十二才の時、
交通事故で盲目となりました。

顔を四十九針も縫い、
フロントガラスで目の角膜を切るという
すさまじい事故でした。

体質も大きく頑丈で元気の良かったパパは、
仕事も趣味もバリバリ頑張ってきた人だったので、
突然の盲目、しかも高齢という事で
オレたち家族や周りの人の心配は大きなものでした。
 
ちょっぴり短気で勝気な親父が
半年の入院を終え、視力ゼロになって帰宅した時、
家族は、はれ物にさわるようにパパに接しました。

ところが皆の心配をよそに
退院後はだんだんと穏やかになり
笑顔をさえ見せるやさしい父親に変わっていきました。

高齢の為、点字こそ覚えられませんでしたが、
訪れる人と談笑し、ラジオを聞き、お酒や食べる事を楽しみ、
後には盲人会の役員までこなすという
積極的な人生を送りました。

親父は七十九才で亡くなりましたが、
僕たち家族は、最後まで一度も
目が見えなくなって辛いとか苦しいとかいう
パパの愚痴を聞いた事がありませんでした。

わたくしには、食事に関して
親父のどうしても忘れられない思い出があります。
それは、連日の「かつお節削り」です。

亭主関白で仕事人間だった親父が
台所に入ってくるという事は、
それまで見た事もありませんでした。

事故の後、いつの頃からか
毎8時、ママが食べる事の準備をしている横の食卓で
かつお節を削る…これが父親の日課でした。

味噌汁のだしや青菜のお浸し、大根おろし…など、
その当時の我が家の食卓には大事な必需品でした。

指先でカツオ節の方向や削り具合を確かめながら、
カッ、カッといい音を出しながら器用に削るのです。

冬になると
ママの漬けた極上の白菜漬に
お父さんの削り節をかけるのが、何よりのごちそうでした。

ブックメーカーブログ
http://www.onlinesanctuary.com/bookmaker/

ブックメーカーブログ
http://www.paradisewalk.net/bookmaker/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る