インターネットが最初に登場した1993年の約2年後

2-04

スポーツベットと言われる、そもそものオンラインカジノの起源は野球やサッカーなどのプロスポーツにおける試合結果に対する賭博です。日本はインターネット環境の整った良質なユーザーが一方ならぬ市場とオンラインカジノ側からすると捉えているため、日本語版ソフトの導入や日本語による電話・メールでのサポートを今では充実させてきているところが増えています。

オンラインカジノもこの事がきっかけとなり注目され、オンライン上に大半の企業がカジノを作るべく動きました。世界各地に1500~1800ものオンラインカジノがいまや存在するといわれています。

グラフィックや音声もはじまった当時はいまいちで、通信速度も電話回線であったりした影響もあり、大変不便でした。確実に勝ちたい方には賭けのスリルは減りますが、オススメです。

沢山のブックメーカーがあるため、必至掛け金を上回る賭け方が可能なソフトウェアなども近ごろでは出てます。インターネットが最初に登場した1993年の約2年後、オンラインカジノの歴史は1995年には誕生したようデス。

同年オンラインカジノ大手ソフトメーカーのマイクロゲーミング社が設立をされ、そしてオンラインカジノビジネスが始まったのです。しかし、改善が1999年頃からされはじめ、政府がライセンスを与えたり、大手会計事務所などの第三者がペイアウト(払い戻し)率を調査・公開をすることなどで利用者の信頼を回復してきました。

これはトトカルチョともいわれます。このスポーツベットはインターネットが現れるまでは専門誌や雑誌でのみ行われてましたが、西インド諸島の国で1994年にある認可をブックメーカーが受けてオンライン上に開設をされました。

サッカーくじと(toto)いうものが日本でもありますね。このスポーツベットが盛んなヨーロッパなどでは、胴元が賭けの対象となるブックメーカーと試合をよばられる会社が発表し、お客さんが参加するという形態です。

更に、およそ80万名程度の利用者が日本においては存在をするといわれています。また、悪質の業者や胡散臭いサイトも多かったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る