認可されている国のサーバーで運営

2-03

マウスと賭博行為でクリックする行為自体がみなされるか如何にか?という点でも意見がイロイロあるみたいですけど、はっきりした見解が結局のところ出せないためどっちでもないグレーゾーンだとされてます。というわけで、ソフトをダウンロードしてプレーするだけでは現在の法律と解釈では逮捕されることはありません(現にいませんのでご安心ください)。

もし、オンラインカジノへの参加がこれらの解釈が変わって違法だとされるのならば、事前に何れかのアナウンスが流れることでしょう。賭博が禁じられてる(公営を除いて)国では当たり前ですけど、ギャンブルをすることは違法になります。

こういった議論に限らず、法律の世界では取りようにより答えが変わる条文もあり今で議論がも~派といった形でされています。とどのつまり、サーバーが法律の解釈では外国にあるという事から、つまりはオンラインカジノで遊ぶ事をとりしまる理由はないみたいです(サーバーが当然禁止されてる国だったらだめです)。

ただインターネットで世界中からオンラインカジノはアクセスが可能なため、「その国で」ギャンブルをしてるのか?それとも自国でしてるのか?という概念に差が見られるみたいデス。日本でも数々のプレーヤーがすでにいるとのことなので翻然アウトという事は考えづらいはず。

という訳で、2つに意見がこのオンラインカジノでも分かれているようですけど、サーバーの設置国で認可をされているので結局は違法性を取り上げようにも結果的にはインターネットの特性から言ってし兼ねるというのが現状です。つまり、ギャンブルが今いる国で禁じられていても、オンラインカジノを認可されてる国のサーバーで運営をされている場所であれば問題がないという考えと、いや禁止がそれでもされてる国で遊んでいるのだから違法だという考えがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る